Translation slamを視聴しました

"Translation slam"という言葉、聞いたことがありますか? スラムと言ってもslumではなくslam、翻訳者の対決バトルで、"translation duel"と呼ばれることもあります。2人の翻訳者が同じ原文をイベント前に翻訳し、当日は2つの翻訳を並べて、それぞれの翻訳者がなぜこう訳したのかを説明する、という趣向です。数年前から耳にするようになった企画ですが、今回初めて視聴者として参加する機会がありました。 私が所属する英国翻訳通訳協会(ITI)が12月11日にChristmas Hamperと題する終日勉強会を開催したのですが、そのプログラムのひとつが仏英翻訳対決で、フランス語ができなくても楽しめるとのことだったので参加したのですが、予想外の面白さでした。 お題はこちら(前半のみ)。 AUTOMNE : NOS SOLUTIONS FACE AUX PROBLÈMES D’ADHÉRENCE https://www.sncf.com/fr/itineraire-reservation/informations-trafic/reportages/feuilles-automne-solution-problemes-adherence フランス国鉄SNCFが、秋に線路上に積もった落ち葉のせいで車輪が滑ってしまう問題にどう対処しているのかを説明するページです。対決したのは文芸翻訳者のRos Schwartzさんと実務翻訳者のMartin Hemmingsさん。いずれも仏英翻訳のベテランです。8月のJITF2020でも登壇していたChris Durbanさんが司会進行役を務め、パラグラフごとに2人の翻訳を並べて、翻訳アプローチや訳語選択などについてそれぞれの説明を聞きました。 2人に共通していたのは、英国人の鉄道利用者を読者として想定し、英国の鉄道会社ならこう書くだろうというスタイルを採用していたこと。フランス語にはお役所的な硬い文とタメ口のようなカジュアルな文の中間に当たるスタイルがないそうで、企業のコミュニケーションはかなり硬い文になりますが、英国では企業がユーザーに語りかける時には比較的カジュアル感のある柔らかい文体を採用することが多いので、2人とも省略形を使うなど意識して柔らかい表現にしたとのことでした。訳文を音読してひっかかるところを直していくという作業手順も共通点。マーティンさんの場合は訳出の際にも音声入力ソフトを使っているとのことでした。2人とも原文に忠実に訳すことにはこだわらず、英国人が読んだ時に違和感を感じない訳文になるよう心がけて仕上げていました。特にマーティンさんは文の構成まで含めて大胆に改変していたのが印象的で、結果的に2人の訳は、どのパラグラフを見ても大きく違っていました。 参加者からは「原文に忠実に訳さないと苦情が出ないか?」との質問がありましたが、2人とも基本的に直取引の仕事をしていて、自分のアプローチを理解し評価してくれるクライアントと仕事をしており、原文から離れる時にはクライアントに意図を説明して納得してもらっているとのこと。翻訳会社経由ではやはり難しいと思う、という話でした。 Translation slamはもちろん翻訳者が見ても勉強になるし刺激的で面白いのですが、業界外の一般参加者に公開したら楽しんでもらえるのではと思いました。翻訳という作業がどんなプロセスで翻訳者がどうやって訳語を選んでいるのか、翻訳者の頭の中を見てもらうことで、人力翻訳の奥の深さについて知ってもらえるのではないでしょうか。日本人翻訳者による英日翻訳バトルもどこかで実現したらいいですね。

翻訳者登録制度について、英国からの視点

日本規格協会(JSA)が翻訳の国際規格ISO 17100普及に向けた取り組みの一環として、翻訳者登録制度を立ち上げたことが、日本の翻訳者の間で話題になっているようですね。英国のITI正会員翻訳者としての視点から、思うことをまとめました。

「トランスクリエーションと翻訳の違い」問題について

以前「トランスクリエーション・ワークショップに参加しました」という文章を書きましたが、最近通訳翻訳ジャーナルの最新号でトランスクリエーションについての記事が掲載されたそうで、ベテラン翻訳者の井口耕二さんが感想をブログに書かれています。 そこで改めて「トランスクリエーションと翻訳の違い」問題について考えてみたいと思った次第です。[...]

想像力について

翻訳者に必要な能力として、常々言っているのは ・ソース言語(和英翻訳なら日本語、英和翻訳なら英語)の読解能力 ・ターゲット言語(和英翻訳なら英語、英和翻訳なら日本語)の文章作成能力 ・扱い専門分野知識 ・調査能力 で、これはもちろん全部必須だと思うわけですが、それに加えて ・想像力 というのがわりと大切なんじゃないかな?と思うことがあります。 [...]

オックスフォード辞典、2016年を代表する言葉はPost-truth

日本では、毎年年末が近づくとその年の新語・流行語大賞が発表されて話題になりますが、英語圏でも権威ある英語辞書オックスフォード辞典が、その年を代表する新語・流行語Word of the Yearを発表します。 今年のWord of the Yearとして11月17日に発表されたのは…

ヒラリーは「そうね」と言ったのか ― 翻訳と役割語の問題

良くも悪くも世界が注目するアメリカ大統領選挙。11月の本選挙が迫ってキャンペーンもたけなわの9月26日、第一回目の候補者ディベートが開催され、その様子は日本でも報道されたらしい。Twitterで「東洋経済オンライン」が発信したツイートが流れてきたのだが、そこにリンクされている記事を開いてびっくりした。 「この討論会が終わった頃には全て私のせいにされそうだわ」 「そうね、これまでと同じように訳のわからないことを言うといいわ」 ヒラリー・クリントン大統領候補が、いわゆる女ことばでディベートしているのである。

Accountability再訪(ツイートメモ)

Accountabilityという言葉の訳について連続ツイートしたので、忘れないようにメモしておきます。

戦後70年安倍談話の原文と翻訳を並べてみた / What PM Abe has said in his WWII statement

先ほど日本で安部首相が戦後70年談話を発表しました。今回の発表では英訳版が同時に出されています。両者を比較したい翻訳者も多いと思いますので、キーワードを抜き出してみました。 Japan's Prime Minister Abe Shinzo has just released his statement on the 70th anniversary of the end of World War II. The cabinet office released an official English translation of this statement at the same time. I think quite a few of us working between Japanese and English will be interested to see how the translation dealt with the key words and phrases of this much anticipated statement, so I thought I'd pick them out for copmarison. 談話発表前の報道の主な関心は、村山・小泉前首相による戦後50・60年談話に盛り込まれていた以下のキーワードをどう扱ったかという点でした。 Before the statement came out, the focus of the media speculation centred around these key words that were included in his predecessors' 50th and 60th anniversary statements:
  • 植民地支配/colonial rule
  • 侵略/invasion
  • お詫び/apology
  • 反省/repentance
百年以上前の世界には、西洋諸国を中心とした国々の広大な植民地が、広がっていました。圧倒的な技術優位を背景に、植民地支配の波は、十九世紀、アジアにも押し寄せました。その危機感が、日本にとって、近代化の原動力となったことは、間違いありません。アジアで最初に立憲政治を打ち立て、独立を守り抜きました。日露戦争は、植民地支配のもとにあった、多くのアジアやアフリカの人々を勇気づけました。 More than one hundred years ago, vast colonies possessed mainly by the Western powers stretched out across the world. With their overwhelming supremacy in technology, waves of colonial rule surged toward Asia in the 19th century. There is no doubt that the resultant sense of crisis drove Japan forward to achieve modernization. Japan built a constitutional government earlier than any other nation in Asia. The country preserved its independence throughout. The Japan-Russia War gave encouragement to many people under colonial rule from Asia to Africa.
事変、侵略、戦争。いかなる武力の威嚇や行使も、国際紛争を解決する手段としては、もう二度と用いてはならない。植民地支配から永遠に訣別し、すべての民族の自決の権利が尊重される世界にしなければならない。 先の大戦への深い悔悟の念と共に、我が国は、そう誓いました。 Incident, aggression, war — we shall never again resort to any form of the threat or use of force as a means of settling international disputes. We shall abandon colonial rule forever and respect the right of self-determination of all peoples throughout the world. With deep repentance for the war, Japan made that pledge.
我が国は、先の大戦における行いについて、繰り返し、痛切な反省と心からのお詫びの気持ちを表明してきました。 Japan has repeatedly expressed the feelings of deep remorse and heartfelt apology for its actions during the war.
日本では、戦後生まれの世代が、今や、人口の八割を超えています。あの戦争には何ら関わりのない、私たちの子や孫、そしてその先の世代の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません。 In Japan, the postwar generations now exceed eighty per cent of its population. We must not let our children, grandchildren, and even further generations to come, who have nothing to do with that war, be predestined to apologize.
原文を見てまず思うことは、安倍首相が明らかにこうしたキーワードが報道の焦点になることを意識しており、それを盛り込むことを重要視していたという点。しかし一方で、文脈や主語を工夫することにより、こうしたキーワードについての言質を取られないようにすることに注力していたことがよくわかります。英文版作成にあたってはこの辺りの処理にかなり頭を抱えたと思われ、結果的に原文での主語処理の意図が反映されていない部分もあるように感じられます。同業者の皆様、どう思われるでしょうか。 Looking at the original Japanese text, it's clear that Abe was keenly aware of the media focus on the key words; he made sure that they were all there. Another thing he obviously paid a lot of attention to, however, was that the none of these key words should appear as his own words or statements of intent, with crafty use of subjects and contextual caveats. This must have presented a major headache to the translator(s?) tasked with the production of the English version. I feel that, in places, the translator admitted defeat and opted for more clarity. I'd be very interested to hear what other Japanese/English translators think of this effort.

翻訳ブログ紹介:自治体サイトの自動翻訳を斬る、ichininosantaroさんの新ブログ

"naked_translator"のichininosantaroさんが新しいブログを開設したとのニュースが飛び込んできました! 村岡花子の故郷・甲府市の公式ホームページに関するブログ 連続ドラマ「花子とアン」で注目された翻訳家・村岡花子の故郷である甲府市が、「花アン」ブームに乗ってまちおこしを進めている一方でウェブサイトにはお粗末な自動翻訳システムを使っていることに憤慨し、甲府市サイトの珍訳に的を絞ったブログを始めることにしたのだそう。 情報発信には向かない自動翻訳システムを公共ウェブサイトで使う問題は、もっと注目されるべきですが…

第25回英日・日英翻訳国際会議(IJET-25)に参加しました

2014年6月21〜22日に開催されたIJET-25(The 25th International Japanese/English Translation Conference、第25回英日・日英翻訳国際会議)に参加してきました。四半世紀という大きな節目ということもあり、満を持して東京ビッグサイトで開催されたこのイベント、東京ならではの集客力で過去最大規模。600人近い参加者を集めて満員御礼となる盛況ぶりでした。 今回参加するかどうか実はずいぶん迷ったのですが、来年のIJET-26は英国開催が決まっており、その実行委員長になったこともあって、宣伝と勉強を兼ねて行くことにしました。私にとっては京都、ダブリン、バース、沖縄、広島に次ぐ6回目のIJETです。