新連載「通翻訳者が知るべきBrexit」

2016年の国民投票でEU離脱が決まって以来混迷が続く英国。Twitterでさんざん愚痴っている様子が目に留まったのか、「通翻訳者が知るべきBrexit」というお題で連載を、という依頼を日本会議通訳者協会(JACI)からいただきました。 日本から見ても何がどうなっているのかわからないので(いや、英国内から見ていてもわからないですが)、Brexitの歴史・背景と現在の状況についてのリアルタイム情報を説明してほしいとのこと。というわけで、JACIウェブサイトで連載を開始しました。 第1回のみ公開(下記リンクでお読みください)で、その後の回は現在のところ会員限定コンテンツとなっています。 https://www.japan-interpreters.org/news/sugimoto-brexit1/

WayToJapan移転のお知らせ

3年間の東京滞在、4年間のオランダ(ブレダ、デン・ハーグ)滞在、3年間のロンドン滞在を経て、10年ぶりにスコットランドに戻ってきました。

翻訳者登録制度について、英国からの視点

日本規格協会(JSA)が翻訳の国際規格ISO 17100普及に向けた取り組みの一環として、翻訳者登録制度を立ち上げたことが、日本の翻訳者の間で話題になっているようですね。英国のITI正会員翻訳者としての視点から、思うことをまとめました。

イベント予告:J-Net ワークショップ(ロンドン)

ITIの日本語専門部会Read more...

オックスフォード辞典、2016年を代表する言葉はPost-truth

日本では、毎年年末が近づくとその年の新語・流行語大賞が発表されて話題になりますが、英語圏でも権威ある英語辞書オックスフォード辞典が、その年を代表する新語・流行語Word of the Yearを発表します。 今年のWord of the Yearとして11月17日に発表されたのは…

サイトをリニューアルしました

ウェブサイトをリニューアルしました。お気づきの点やコメント、ご要望等があればお知らせください。

IJET-27に参加しました

6月18~19日に宮城県仙台市で開かれた第27回英日・日英翻訳国際会議(IJET-27)に参加しました。今回のIJETは220人が参加する大規模なイベントで、午後からのメインプログラムは5セッションが並行で進行するという盛り沢山の内容。どれに行くのかを選ぶのが大変でした。

日本でRSI講演ツアー

6月に4カ所で「あなたの腱鞘炎・腰痛・肩こり対策は間違っていませんか?〜長く続けられる仕事のやり方を考える〜」というタイトルの講演を行います。2014〜2015年にかけてアルク社ウェブサイトで連載した「コンピューターで仕事をする人のためのRSI対策ガイド 〜肩こり、腱鞘炎、頸肩腕症候群…仕事を続けるために知っておきたいこと~ 」で書いた内容についてまとめたセミナー・ワークショップです。

明けましておめでとうございます

To all my clients, colleagues, friends and followers - wishing you all the very best for a prosperous new year!

旧年中は大変お世話になりました。今年もよろしくお願いします。